無料 レンタルサーバー

決定版 雪崩学―雪山サバイバル 最新研究と事故分析



Picnic Papers 0Hanako WEST (ハナコウエスト) 2007年 12月号 [雑誌]はじめてのフライフィッシング―用具選びとテクニックの基本をわかりやすく解説 (OUTDOOR SPORTS)ツールへの道東京懐かしの昭和30年代散歩地図月刊 SuッKara (スッカラ) 2006年 07月号 [雑誌]決定版 雪崩学―雪山サバイバル 最新研究と事故分析週末バーベキュー!―自宅の庭、バルコニーから海、山へ。「外ごはん」を気楽に楽しむ (MARBLE BOOKS daily made)月刊 SuッKara (スッカラ) 2006年 06月号 [雑誌]京都ノスタルジック散歩 (京都モザイク (006))


決定版 雪崩学―雪山サバイバル 最新研究と事故分析
決定版 雪崩学―雪山サバイバル 最新研究と事故分析

ジャンル:
セールスランク:201317 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,995 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

なかでもいちばん参考になったのは「雪崩事故の実例」

 @まず、だれに必要か――――単独登山を好むひと。今年、雪山デビューするひと。いままでに雪山登山のリーダーを人任せにしてきたひと。すべてのスキーヤー、ボーダー。それらの家族たち。
 Aいつ必要か――――スキー場に足をふみいれるとき。雪山にはいるとき。その留守家族たちが当事者を見送った時。

 この本を隈なく読んで雪山に必要な装備(サバイバル側の)を確認できた。揃えられるものと手に入らないもの、どうしても準備しておかなければならないものと、無い場合の心構えもしくは次善の策。危険地帯の予測、危険な気象条件。――――今冬、私は雪山にはいる。貧乏の下ゲに属する立場でもあるので装備も限られている。性格的に単独行動しかできない。しかし子供達も小さいのでまだ死ねない。――――ということで充分な体力と充分な夏場の登山、ほぼ満足できる装備、冬山の技術・危険の対処法の学習は端折る訳にはいかない。――――なかでもいちばん参考になったのは「雪崩事故の実例」だろう。必ず因果関係が説明できる。事故は必然であり、人災だと再認識できた。しつこい慎重さがやはり人命を救うことにつながる。そのことが理解できただけでも収穫はあった。



山と溪谷社
ドキュメント雪崩遭難
バックカントリー・ハンドブック (Vol.1) (エイムック―Action sports manual (775))
新版・日本雪山登山ルート集
実戦バックカントリー―入門とガイド 山のスキーを安全に楽しむ方法
ドキュメント気象遭難







         
         
         
         

無料 レンタルサーバー