無料 レンタルサーバー

台湾を知る―台湾国民中学歴史教科書



悲情城市の人びと―台湾と日本のうた台湾を知る―台湾国民中学歴史教科書地球の歩き方 ポケット 7 台北 2006~2007年版 (地球の歩き方ポケット)旅の指さし会話帳〈8〉台湾 (ここ以外のどこかへ!)大日本帝国のクレオール―植民地期台湾の日本語文学私のなかのよき日本―台湾駐日代表夫人の回想五十年二・二八事件―「台湾人」形成のエスノポリティクス台湾スターお宝PHOTO BOOK (1) (双葉社スーパームック)中華連邦東方台湾語辞典


台湾を知る―台湾国民中学歴史教科書
台湾を知る―台湾国民中学歴史教科書

ジャンル:
セールスランク:30628 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,575 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

日本統治時代の記述が全体の1/4を占める。一方蒋介石時代は何も書かれていない。

台湾の中学生が使用する初めての台湾史教科書である。1997年になってはじめて台湾の歴史が「郷土史」という位置づけで教えられることになったという。

台湾史は1600年代前半のオランダ人・スペイン人の占領時代から始まると言っても過言ではない。その後、鄭成功の時代、清の統治と続く。ところが、18世紀に入るとまたほとんど記述がない。ようやく1874年の日本出兵を機に、沈葆テイの台湾建設や劉銘伝による台湾省統治が記される。

1895年から1945年までの日本殖民統治時期の記載が長いことに驚く。143頁中36頁を割いているから本書の1/4を占めていることになる。当初日本による接収に抵抗した様子が書かれている。日本は大軍を出動させ鎮圧し、台湾軍民の犠牲者は14000人の多きに達するとあるが、これは多くの日本人にとって知られざる史実ではないか。日中戦争から第二次世界大戦において台湾籍日本兵の総数は20万人余の多きに達したという。
統治体制の特徴として、典型的な警察政治や保甲制度をあげている。保甲による「纏足と弁髪の追放、風俗の改良、迷信打破などの運動、農業改革の推進」などは肯定的に書かれている。教育と学術の発展にも寄与したことは、1945年の学齢期児童の入学率80%に表れている。いかにも日本人らしいのは「時間厳守の観念の養成」である。必ず時間通りに出勤簿に著名すること、勝手な遅刻早退を許さないこと、交通は時刻表を定め、時間通りの発着と目的地への到達を行ったという。

戦後の政治史部分はわずかに12頁しかない。特に違和感を覚えるのが蒋介石統治時代であり、ほとんど何も書かれていない。蒋中正という言葉自体1の文脈に2度書かれているのみである。代わりに蒋経国の写真が2枚も「先生」という敬語付きで掲載されている。

日本時代や戦後史の記述に「妥協と遠慮が感じられる」と訳者はいう。それを差し引いても得るところは大きかった。
教科書がゆえ居眠りも誘う。然し内容は誠実

この書は台湾の歴史を先史・大航海時代・鄭氏政権・清朝統治時代(前・後期)・日本統治時代そして台湾の中華民国期に区分し、それを26のセッションに分けて説明している。授業用につくられた教科書なだけあって、セッションごとに独立して読むことも可能だし、内容も感情にとらわれず誠実だが、読み進めていくとときに睡魔に襲われることがある(じっさい、僕の『台湾を知る』は居眠りのせいでページが折れ曲がってしまった)。これも教科書がゆえ。日本では台湾史について知る機会が少ないので、台湾史を知りたい人にとっては貴重な入門書であるといえる。
認識台湾

「日本に好意的に書かれている」とも批判される台湾史の教科書。しかしイデオロギー的に偏っているわけではない。台湾を統治したオランダ、清朝、日本が台湾で行った政策の良い面と悪い面を併記しているからだ。客観的な見方で歴史を認識していこうとするこの教科書は、反日イデオロギーに染まりがちな他のアジア諸国のものとは違う。教育問題を考える人だけでなく、台湾を知りたい方にも勧める。



雄山閣出版
もっと知りたい台湾
現代台湾を知るための60章 (エリア・スタディーズ)
図説台湾の歴史
中国の歴史―中国高等学校歴史教科書 (世界の教科書シリーズ)
入門 中国の歴史―中国中学校歴史教科書 (世界の教科書シリーズ)







         
         
         
         

無料 レンタルサーバー